セージの使い方 嫌がらせこそが勝利につながる!!

VALORANT

まえがき

どうもーシルバーでも相変わらず沼っているカビで~す。

何回もブロンズに落ちることもあって心が折れそうだったのですが、

こんな試合もあって心が折れずに済んでいます。

なぜこのようなスコアを出すことができたのか…それは

「かわいい声のVCがあったから」です。

男って単純ですね。

セージの人の声がよかったためかわからないですがめちゃくちゃ無双できました。

この記事を読んでいる女性の方は試しに声掛けしてみたらどうですか?

僕みたいなやつが唐突に「グヘヘヘ」ときっしょい声を出しながら暴れてくれるかもしれません。

まあなんやかんやあって今は

こんなキャリアです。

やっぱりデュエリスト使えるようにならなきゃいけないな~と思ってレイナを練習しているのですが、下手くそです。

迷惑をかけるかもしれませんが、よろしくおねがいします。

そんなことを言いつつ今回の解説はセージなんですけどねw。

では本編どうぞ。

セージのアビリティについて 基本性能

知っているよ!!という方は次の見出しまで飛ばしてください。

今回語るのは「スロウオーブ」と「アイスウォール」だけです。

ヒールは使うだけですし、アルティメットも使うだけです。

強いて言えば「無理やりそれらを使う」ことはお勧めしません。

するなら安全とわかっている場所や、アイスウォールを張って安全にしたりして使ってください。

まずアイスウォールについて解説します。

アビリティボタンを押すと

こんな画面が出て左クリックを押すと

壁が建ちます。

この壁の体力はブロックごとに分かれていてそれぞれ800あります。

大体ファントムやヴァンダル20発分です。

ちなみに壁を立てた瞬間の

ひびが入った状態では400です。

壁はダメージ以外にも30秒経てば壊れます。

ちなみに壁は建てるまえだと

デフォルトならcボタンを押したら90度回転し、右クリック押しながらなら視点を動かすとグネグネ回転します。

90度回転は便利なので覚えておいた方がいいです。

次にスロウオーブについて話します。

まあ大したことはないんですが、アビリティボタンを押すと

ボールみたいなのを投げてそれが地面に着くと

これくらいの範囲に氷の床を生成します。

氷の床の効果は上に乗っているプレイヤーの足を50%遅くし、ジャンプの高さを30%低くするというものです。

ついでに上で走っていると「パリパリ」音が鳴ります。

効果時間は六秒ほどです。

アビリティの強い使い方

皆さんが知りたいのはこれですよね?

ズバリ言うと「嫌がらせ」です。

このままだとタイトル読めばいいだけの記事になってしまうので詳しく説明していきます。

皆さん、敵にいてどんなセージがうざいですか?

なんか変なところに壁を作って

こんな予想外のところから撃ってくるセージですか?

それとも

相手にダメージを与えてもヒールしてきたり、せっかく倒した敵を蘇生してくるセージですか?

確かにそいつらもうざいですが僕が嫌いなのは

スプリットだとAサイトを攻めようとしたときに

こんな壁を建ててくる普通のセージです。

壁を割っているときにたまに

こうやって覗いてくる奴はもっと嫌いです。

そして壁を割ったら

こんな風にオーブを使ってくる奴は「〇ね」と思います。

これをされるだけでラッシュは一気に厳しくなります。

そうすると時間がかかって敵が寄ってきてボコボコにされるということがよくあります。

これを紹介したのは僕のいるランク帯ではほとんどラッシュなので相性がいいからです。

流石に毎回毎回同じ壁を作っていると対策されるので

こういう壁もあるとうざいです。

とこんな感じに使うと強いのがセージです。

「足止めをして味方のよりを待ったり、道をふさいで敵の選択肢を減らす」

ことが強みになっています。

セージについて話すことと言えば

  • 壁を張る
  • 氷玉を投げて相手を止める

くらいしかないのですが、この二点がセージというキャラクターを形作っていると思います。

わかりやすいのは(26) 【ガチ解説】イモレディ帯でも通用するお手軽最強キャラ「セージ」で勝率を上げる方法をここだけの話、教えます。【Valorant/ヴァロラント】 – YouTubeこの動画です。

後何個かアビリティの使い方を教えておくと

攻めるときに

こんな感じで氷玉を投げることで相手が覗いてくるのを妨害し、サイト内に入りやすくしたりできます。

また、壁は場所によっては道を防ぐだけでなく有利な射線を作ることができて

この場所に壁を立てるとこの道を封鎖できるだけでなく

このように頭一個だけ出して道を見れます。

もしヘブンに敵がいるなら

このようにピークすると相手は予想外の位置からくるのでうざいです。

何回もやる技ではありませんが、一回やることで

「相手のセージ変なところから顔を出してくるかもしれない」

という意識を植え付けることができます。

そうなると敵は警戒するところが増えるため立ち回りにくくなるのでお勧めします。

初心者向けの解説なので長くなったら鬱陶しいと思うのでこれくらいにしておきます。

あとがき

まとめると

  • 壁で道をふさごう
  • 氷玉相手の足を止めよう

の二つです。

「相手が嫌な立ち回りを徹底する」ことができれば強いセージの誕生につながると思います。

まあ、僕はしょせんシルバーなんですけどねw。

ただ、このブログを書いている間にシルバー2に…

上がれてない!?

なんで妖怪イチタリナイが降臨してしまうんだ…。

まあ、こんなのちょっとやればすぐに

ほら、シルバー2に到達できたよ。

ん?

いやな夢だな~あはははぁ……。

ま、こんなこともあると知っておいてください。

前はこれで-20とかだったので発狂してましたがこれなら許容です。

みんな寛容な心をもって暴言厨にならないようにね!!

では最後まで読んでくださった読者の皆様に最大の感謝を込めて

セージをうまく使えますように

コメント

タイトルとURLをコピーしました